高い美容効果が期待できるとされいるプラセンタですが、サプリメント、ドリンク、注射など様々な種類があります。実際のところ、どの摂取方法であれ、プラセンタの効果が期待できることには変わりありません。ただ、それぞれに特徴があるので、そのメリットやデメリットを知った上で使い分けていく必要があります。

サプリメントは、手軽に続けやすいといったメリットがあります。コスパはいいですし、味やニオイなども気にせず飲みやすいのが特徴です。手間がかからず経済的負担が軽くて済むのは、大きな魅力の1つです。ただし、デメリットとしては、効果を実感するまでに少し時間がかかる点です。効果を実感するまでには、ある程度飲み続ける必要があります。

その点、ドリンクは即効性があるのがメリットです。吸収性が高いので、飲んですぐ実感できることも多いです。ただし、味やクセがあることもあるので、若干飲みにくさを感じることがあるかもしれません。ですが、最近は飲みやすくされている商品も沢山登場しているので、このデメリットは解消されつつあります。

ただ、やはりサプリに比べればドリンクはコストが高めとなっています。平均1本300~400円、高い物は1本1000円ぐらいするものもあります。この価格だと、毎日続けるのはかなりキツイものがあります。即効性などの利点を生かすためにも、ここぞという時に飲む利用法がベストかもしれません。サプリと併用すればなお効果も上がります。

注射はクリニックなどで受けることができます。即効性効果も一番実感しやすいのがメリットです。ただ、やはりその分費用も高めです。

こうした費用面や即効性などを考えると、毎日続けやすいのはサプリメントでしょう。その上で、ドリンクや注射などをここぞという時のスペシャルケアとして追加することで、よりプラセンタ効果を高めていくのがいいでしょう。
ただし、注意しなければいけないのは、プラセンタ商品を購入する際はプラセンタ成分の配合量をしっかり確認しておくことです。折角摂取していても、配合されている量が少なくてはしっかりと効果を実感できなくなってしまいます。できるだけ濃度の高いプラセンタエキスが配合されているものを選ぶことが大切です。