スキンケア商品やサプリメントなどで使用されているプラセンタには、エキスを抽出する胎盤をどの動物から得ているのかによっていくつかの種類に分けられます。最も市場に流通しているのが豚、豚よりも高級商品とされている馬、そして、医療機関で利用されているヒト由来のものが一般的です。

市場に多く出回っており気軽に購入できる美容商品に配合されている豚プラセンタは、1年に20頭前後の子豚を出産する豚の胎盤が原材料になっており、大量にプラセンタエキスを確保することができることから、比較的安価に利用することが可能です。

成長因子やアミノ酸、質のいいタンパク質を大量に含んでいることから保湿、美肌効果に優れていますが、可能な限り良質な豚プラセンタを使用したい場合には、SPF豚と呼ばれる衛生管理がしっかりとした環境で育てられた豚から抽出されたエキスを利用した商品を選ぶのがおすすめです。

また、安全性と品質の面では、豚よりも高級品になる馬プラセンタの利用が安心でしょう。馬は血統から育てる環境まで徹底して管理されていますので、大量生産ができない代わりにプラセンタの質も高くなります。含有アミノ酸量が非常に多く、肌トラブルの解消、アンチエイジング効果、シミやシワの解消にハリやツヤのアップなど、あらゆる面でプラセンタは高い効果を期待することが可能です。

また、医療機関でしか取り扱えないヒトプラセンタは、サプリメントやドリンクではなく注射で体内にエキスを注入することによって美容、アンチエイジング効果を得られるものになります。

美容目的の場合には保険適用外となりますので全額自己負担の治療となり非常に高価になりますが、得られる効果は豚や馬の比ではなく、含有している成長因子が人間のものであることから、身体に作用しやすく細胞の活性化や新陳代謝の活性化に効率よく作用します。さらに医薬品扱いとなることから、他の2種類と比べると非常に高い安全性を誇っているという点でも安心でき、過去50年間で感染症発生例は報告されていません。

プラセンタは種類と品質、そして効果や費用を比較して、自身に適切なものを使用していくことをおすすめします。