先日の台風で、屋根瓦の一部が破損してしまい、雨漏りがするようになりました。うちは関西なのですが、火災保険に入っていたので、台風の被害による保険が下りたので、火災保険で屋根や外壁専門のリフォーム業者さんに屋根のリフォームを依頼することにしました。

以前は、紺色の屋根瓦でしたが、リフォーム後はもっと明るめの屋根にして、気持ちも心機一変することにしました。保険金は、思っていた以上に多めに出たので、屋根全てを張り替えることにしました。屋根瓦をまた使用してしまうと、台風などで一部の屋根瓦が吹き飛びやすいので、台風に強い屋根素材を選ぶことにしました。

日本に昔からある屋根瓦ですと、重量も重くなるので、家の柱や壁にかかってくる負担も大きいです。それが最近流行りのガルバリウム鉄鋼屋根に葺き替えた場合には、重さが屋根瓦の四分の一まで軽減させることができます。さらに耐風性や防水性が高まるので、台風や集中豪雨にも強くなるので、安心できます。

そういえば、うちの町内を見回してみると、最近建築したガルバリウム鉄鋼の屋根の家は、無事だったようです。うちの家みたいに屋根瓦を使用している家は、ほとんどの家が屋根の一部が吹き飛んでいたようです。最近では、台風や集中豪雨の被害が、年々激化してきているので、災害に備えるための家の屋根や壁も、昔の素材よりも強力な物を選んでいくことが大事だと思いました。

そして、火災保険に入っておくことも大事なので、友達や親類にも教えてあげようと思います。